女性たち

和服の保管方法|長くいつまでも着続けるには

保管場所が肝心

和服

和服は、現在の洋服が普段着の社会では着ることはめったにありません。しかし、ここぞという時に一着持っていると、注目の度合いも違ってくるので、何らかのおめでたいイベントの時に着れるように自慢の一着を持っているのは良いかもしれません。しかし、和服というのは普段あまり着る機会がないので洋服ダンスの奥にしまわれがちです。この時、扱いが雑なのとそうでないのとでは服の状態は大きく変わります。正しい保管方法ならば、いつまでも長く使い続けることができますが、適当に保管していた場合、服は一気に傷んでしまいます。また、ヒメマルカツオブシムシのような服を食べる虫が発生することもあるので、和服の保管はきちんとしておきましょう。
まず、基本中の基本として、しっかりと洗ってからしまうことが推奨されます。例えば和服の中に来ている襦袢など、ほんの10分ほどしか着てないからそのままでも大丈夫だろうと高をくくって保管すると、一気に黄ばみます。襦袢は汗を吸いやすく、ほんのちょっとでも汗をかけば吸い取るため、長年放置していたら黄ばんでしまいます。そのため、しっかりと洗濯に出してからしまいましょう。他にも、保管場所も考えなければなりません。陽の光が湯良い場所に保管した場合、服はあっという間に色落ちしてしまいます。そのため、基本としては日陰の場所に箱に入れて保管するのが望ましいです。また、害虫対策のため、虫よけ道具も一緒に保管すると虫に食べられるリスクは減ります。

良い物を探すために

2人のレディ

着物を探す場合、近くのお店で買うよりも場合によっては通販で良い物を購入したほうがバリエーション豊かな品数から商品を選ぶことができるので通販サイトもチェックしておきましょう。

More Detail

和服をレンタルする

着物

和服のレンタルはひとまず和服を着たい方にも将来和服の購入を考えている人にも非常に有効な手段です。安価で着ることができ、様々な組み合わせも確かめられるのでメリットが多いです。

More Detail

祭り衣装にピッタリ

祭り

よさこい衣装の良し悪しで、祭りの時の印象は大きく変わります。集団で着てパフォーマンスをする際にはネット通販などで人数分を用意して、全体に統一感をもたせましょう。

More Detail