ウーマン

和服の保管方法|長くいつまでも着続けるには

和服をレンタルする

着物

和服は本来着ることがあまりありません。お正月や結婚式くらいでしか着ることはなく、もしくは日本舞踊やお琴の稽古など、日本の伝統芸能を習っている人以外には縁が遠いものです。しかし、中には和服に興味があり、着てみたいという人も多いです。色々な和服を着てデザインやコーディネートを考えるというのは、普段は洋服のコーディネートを考える人にとって刺激になり、別のデザインが思いつくこともあるかもしれません。しかし、和服というのは非常に高く、簡単に揃えることができないのでカタログの写真でコーディネートの組み合わせを感じるしかありません。そんな悩みを持っている時に役立つのが、レンタルです。和服はレンタルすることができ、購入するよりも極めて安価で借りることができます。このレンタルを使用して、コーディネートを考えてみましょう。
基本的に、和服も洋服もコーディネートの基本は変わりません。色はできるだけ少なめにし、アクセサリでアクセントを付けるのが基本となります。和服の場合、ハンドバッグやかんざしなど、和テイストの物を使用するのが基本ですが、あえて洋風のバッグを持ってハイからテイストにするというのも面白いアレンジです。なお、こういった小物類もレンタルできるので、小物類と普段着を組み合わせるという利用方法もあります。このような和服レンタルは、いざという時の間に合わせやコーディネートの練習だけでなく、将来自分で和服を購入するときの参考材料にもなります。